2010-07-04 ちぎり絵〜「百笑」

ここは「治療院」というより、限りなく私の個人スペースに近いので、置いてあるモノはみんな私の趣味です。(自分勝手でスミマセン)「どこで買うんですか?」ってこないだ訊かれましたが…なんといいますか、いろいろです。(参考にならなくてスミマセン)

基本的に、こだわるわりにはモノへの執着がないんだけど、いちばん大切にしているのは、これ。

「百笑」 素敵でしょ?


小さな顔は、みーんな笑ってる。きっちり百人います。本物はちぎり絵のはず。それをプリントして表装してある。ちぎり絵だと、きっともっと手触り感があって素敵なんだろうなー。(って、作者がどなたかもわかんなくって情けない限りなんだけど)いろんな方から、この軸にはたくさんお褒めのコトバを頂きます。いいんですよ。とにかく。なんかとってもいい。


鍼灸師としての先が見えなくって、産科でひたすら毎日ご飯作りのバイトと、他所で研修と言う名のただ働きとかしてたころ。(2000年だ)ふだんは行かない池袋になんかのはずみで行って、ショーウインドーに飾ってあったこれに釘付けになったんでした。


その場で、えいっ!と買っちゃった。当時本当にお金無くって。当時の私には相当の贅沢品。でも買ったんだ。これ持ってたら、絶対にこの先にもたくさんあるだろう辛いときも、きっと笑って暮らせるような気がしたのね。(気がした、だけか…笑)


そんなわけで、これだけはほんとに大事にしてます。「もしワタシになんかあったときには、これは一緒に燃やしてね」ってかんじ。


*そういえば、高知に「百笑町」っていう地名があるらしく。

なんと「百笑=どうめき」って読ませるんですって。

「どよめき」ってことらしい。おそらく。

「この部屋にあるものは、どれもみーんな笑ってていいよねー」って、もうながーく続けて通ってる方がおっしゃって下さいます。なんともありがたいことです。

鍼灸・手技セラピーたまゆら|方南町

東京都杉並区方南町(2004年5月開業)ベッド1台の小さな治療院です。 慢性疾患の体調管理、耳鳴り、難聴、めまいなどの疾患を最も多く扱っています。ストレス性疾患、不定愁訴の臨床実績も豊富。 からだと心の両面から、みなさまの健康をサポートします。