2010-08-07 感覚の記憶

あれはいつごろだったか。とても凄惨な事件で、たくさんの方が亡くなったとき。

事件に巻き込まれた方々の顔写真と名前がニュースで流れた。

あれ??? ふとひっかかった。もしかして???その人の顔を、間違いなく知っていた。

どこで会った人だろう??? ああ。。。

しばらく経って、私の頭に浮かんで来たのは、座骨神経痛の治療のために、肌を大きく露出したお尻の図。(スミマセン。仕方ないのです。そういう治療なので…)

当時は2寸というながーい鍼を使っていたっけ。

けっこう強めにパルス(低周波)をかけていた。

そうそう。ちょっと独特の香りがする人だった。

そうか。そうだ。間違いない。

私がまだ免許を取ったばかりのぺーぺーの鍼灸師だったとき、はじめて「自分の患者さん」として担当させて頂いた方だった。

とてもにこやかで穏やかな優しい人だった。

その方のことは、ただただ座骨神経のことしか存じ上げなくて、お尻で思い出すなんて、本当に申し訳なかったのだけれど、

それしか記憶の辿りようがなかったんだ。

顔よりも、名前よりも、確実に残っていたのは身体の記憶。

そのままただテレビの前で、じっとご冥福を祈るしかなくって、そのままなにもできずにいた。

そんなことをふと思い出す夏の夜。

鍼灸・手技セラピーたまゆら|方南町

東京都杉並区方南町(2004年5月開業)ベッド1台の小さな治療院です。 慢性疾患の体調管理、耳鳴り、難聴、めまいなどの疾患を最も多く扱っています。ストレス性疾患、不定愁訴の臨床実績も豊富。 からだと心の両面から、みなさまの健康をサポートします。