2011-04-16 急激に気温が上がるとめまいが出やすい。

はいっ。もうこれはタイトルそのまんまです。「知ることで、怖さは減る!」というのは私の持論なので、書きます。はい。


私はもともと、突発性難聴とかメニエール系の方々にたくさんたくさんお目にかかっています。そういう分野が専門の鍼灸師ってそんなに多くないので、鍼灸師としてはかなり変わりダネの部類に入ります。


もともと春先にはめまいが出る人が多いんですよ。これはもう定石です。あったかくなると、頭のほうにいろいろ上るんです。(湯気みたいなもんね)ましてや、今年は地面が揺れてますからね。。。ふだんめまいなぞしないような人も、たーくさんめまいになってることでしょう。(まぁそもそもめまいになる方々は、たいてい律儀でまじめなんですよね。。。)


いちばんお手軽なのは、「頭寒足熱」状態を作ることかな。頭は涼しく。足もとはあたたかく。これに尽きます。(急に気温が上がると頭がぼーっとしますよね?あれがモロに良くないと思います)


あとはよく歩くといいんじゃない?って言いたいところなのですが、めまいが出るような方々はたいてい花粉症があるわけです。(そもそも耳鼻系が弱いんでしょうね)だからよけいに頭まわりの症状が出やすいんじゃないかとも考えられます。


私は足の指をいたーーーい!!!って泣き喚くくらいに揉んであげたりします。めまいがするからって、眉間とか頭周りを自分でいじるのはおそらく逆効果だと思ってます。とにかく下げることを意識してみたらどうかなー。(ま、あとは企業秘密です。ってか、文章化できないんです。スミマセン)


あとはね、もう長くここにおいでになってらっしゃる方が先日教えてくれました。「大学病院の耳鼻科がものすごーく混んでました!開業医からの紹介状持ってきてるめまいの人ばっかりで、みんな医者から、『ああ。一時的なものです。あまり気にしないように。僕もいまぐるぐるめまいしてますから、あんまり心配しないように』って、さくっと言われてがっかりして帰って行くようでした」だそうです。あーーー。。。さもありなん。


でも、まぁわざわざそうやって大学病院まで行って、医師から「大丈夫です」って言われることに意義があるのかもしれません。(その医師が言ってるように、多くの人は一過性のめまいだろうと思われます)東京の揺れなんて、北関東以北に比べたら、ぜーんぜん大したこと無いでしょうけど、これでもじゅうぶんに敏感な人には耐え難いでしょう。


めまいは、こんなこと言うとがっかりされたり嫌われそうですが、、、率直に言って、一般的なめまいは、完全に消そうとこだわらないほうががいいでしょう。本当に命にかかわるような、危ない症状のめまい、というのは少ないのです。(重症例は、即刻救急車のお世話になるレベルです)

不安がめまいを誘発することはよくあります。でもたいていみなさん、めまいがいつ起こるかわからなくて不安だ、とおっしゃいます。そこで堂々巡りになりやすいんですよ。ホントに。。。


個別にいろいろ症状はあるはずなので、簡単に一般化しにくかったりもします。なまじ詳しく知っていることは、実はなかなか書きにくいのです。スミマセン。

というわけで、耳鼻科の話はこれまであんまり書いてません。このあたりは、残念ながら直接お目にかからないとなかなか難しいのです。。。

鍼灸・手技セラピーたまゆら|方南町

東京都杉並区方南町(2004年5月開業)ベッド1台の小さな治療院です。 慢性疾患の体調管理、耳鳴り、難聴、めまいなどの疾患を最も多く扱っています。ストレス性疾患、不定愁訴の臨床実績も豊富。 からだと心の両面から、みなさまの健康をサポートします。