2008-10-21 実は、忙しいのです。

しばらくいろいろ書いてましたが、あっという間に「おひさしぶりー!」になってしまいました。ま、しょせん私のやることですから、こんなもんです(自嘲(^^ゞ)

マンツーマンで、1日5人まで。めいっぱい無理して入れても6人まで。(だけど、1日6コマ受け付けてしまうと、実は私、翌日とっても辛いです・・・)

たまゆらでの私のやり方はこんなスタイルなので、世の中の企業のように採算とか、効率を考えると、ものすごーく要領が悪いとは、前から思っています。(仕事以外の私は、なるべく「少ない努力で大きな成果」を考えるような、ものすごーく手抜きな人間ですんで、このギャップが自分ではおもしろいなぁーと思います)  だけど、「治療」という場で起こるあれこれは、効率や採算だけでは割り切れない部分を大量に含んでいます。本来は、そうやって割り切れないイロンナモノを扱うからこそ、昔から「治療」は特殊技術として認知されてきているんだと思います。

私自身は、狭い範囲の限られた方に対してだけで良いから、できるだけ丁寧に、おいでになる方のお役に立つようなことをしたいと思ってやってきました。2004年5月に開業して、はじめはとにかく「こんなんでやっていけるのかよー!」と毎日思うくらいにヒマでしたが、なんだか本当に最近ではたくさんの方がおいでくださるようになりました。

どれだけお役に立てているのか、わからないけれど。ありがたいことだと思っています。

が、、、いまはきっと、瞬間風速的な忙しさだろうとは思うものの、ずーっと先まで予約ノートが埋まり、新しい方や久しぶりの方から予約依頼で頂いたお電話やメールにお断りのお返事をしなければならないことが続いていると、いったいこのままでいいんだろうか???と思うことが増えました。

うーん、私、5年後も10年後もこのままでいいんだろうか? これまでは自分のこと、目の前のことだけで精一杯でしたが、この先のこと、少しずつ考えていかなければならない時期なのかもしれません。まぁ、ゆっくり考えていこうと思いますが。

とかなんとか言いながら、自分自身の新しいことには常にチャレンジしていますよー。気分はいつも自転車操業! 立ち止まったらそこで倒れるしかないのです。

最近は頭脳系と、肉体系と、ひとつずつ新しいことを始めました。今週末にも久々にWSに参加してきます。という感じです。

そんなことしてるより、仕事して予約取れよ!という声も聞こえてきそうではありますが、、、ごめんなさい。自分のゆとりや余裕がない状態で、他人様に触れるのはどうしてもするべきではないと思っているのです。どうかご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。(2008年10月21日)

鍼灸・手技セラピーたまゆら|方南町

東京都杉並区方南町(2004年5月開業)ベッド1台の小さな治療院です。 慢性疾患の体調管理、耳鳴り、難聴、めまいなどの疾患を最も多く扱っています。ストレス性疾患、不定愁訴の臨床実績も豊富。 からだと心の両面から、みなさまの健康をサポートします。