2008-05-21「楽しい治療」って、矛盾してるんだろうか?

「ハリって、一回行ったらずっと通わなきゃいけないんでしょ?」

と、尋ねられた。はぁー。

言っちゃあナンだが、これ、ずいぶん品のない質問だなぁ、と思った。

YesかNoでしか答えられない質問というのは、「閉じた質問(Closed Question)」っていうんだ。確かに、尋問形式みたいに特定の情報を知りたいときにはいいし、あんまり喋らない人に、とりあえず話しかけるようなときにもいい。だけどさ、私はよく喋る。おまけに鍼灸師だ。専門の話を聞かれたら、山のように喋ることがあるに決まってるじゃないか。それなのに、「通わなきゃいけないんでしょ?」という質問(の体裁を取ろうとしている決め付け型の意見表明)をされるのは、あまり気分のいいものではない。

数秒の間に、アタマの中で火花が飛び散る。思考炸裂☆思考錯誤・・・(ん???)

きっと、このとき、質問者の頭の中には、すでに「ハリにはずっと通わなければならない」という思い込みがある。それを鍼灸師の私に「はい」と答えてもらおうとすることで、自分の思い込みを補強しようとしているんだな、と私は解釈しましたよ。ふーん。本人は意識なさってるかどうかはわかんないけど、きっとそうじゃないだろうか。

要するに、短期的に治る急性腰痛とか、寝違えとかもあるし、中期的に治る五十肩とかもあるし、もっと長い目でみなきゃならない症状もあるし、生きてる限り続く「健康管理」というものもあるわけで、とにかく一言でハリ治療といっても、いろんなターゲットがあるので、「ずっと通わなきゃならない、かどうかはケースバイケースです」としか答えられないわけです。(ごく初期の突発性難聴で、タイミングが合えば、たったの1回で治るケースにいくつも遭遇してきた。そんなときには「治りました♪」って、嬉しそうにご報告をいただいて、こちらがびっくり!したりなんかする)

だけど、質問者はたまにしか会わないような親戚だ。ついつい相手の意見をアタマから否定して角が立つのもまずい。うーん、マジメに答えても骨折り損だな、と思ったところで、他の人から声がかかって話はそのまま流れた。はぁ、助かった。

あとから考えた。「治療」に対するイメージをどう捉えているかによって、ずいぶん解釈が違ってくるのだろう。現代医学の病院に行くみたいに、苦しいもの、嫌なもの、できれば避けて通りたいものとして「治療」を捉えていれば、鍼灸院に行くことも、やっぱり嫌なことだと思うようになるにちがいない。それとか、いままでどこかの治療院に行ったら、商売っ気がお強い大先生だったりして、ずいぶんカモられたことがあるんじゃないの?とかいう想像も働いたりする。

いまひとつは、「ハリに行っても、そのあとしばらくはよくても、効果は長持ちしないから、結局通わなきゃならない。=クセになる」という解釈が世の中には結構根強くあるということ。しかしねー、こういうこと言う人は、長年の疲労やら不摂生とか、老化(加齢に伴う変化とでも言いますか)で出てる症状を、1回で半永久的に取り去れ!なんて意図の要求をなさったりなんかしがちで、そりゃぁ、無理だよ、と言いたい。ちょっとでも楽になったら、良かったじゃないの!と思うんですが、それではどうももの足りないらしい。まぁ、その気持ちはわからないでもないですがね。実際に自分でやってみると、一回で半永久的に永続する効果なんて、大変難しいとわかった。人間って欲深いですね。

閑話休題

ここのところ、私自身がお世話になってる治療院がある。4月にオープンしたばかりで、覗きに行ったらすっかりファンになってしまった。綺麗だしお洒落だしイマドキ風、雰囲気も明るくて爽やか。そんなソフトムードなんですが、技術はむちゃくちゃ硬派で信頼できまする。

ここね ↓ 御茶ノ水のリスタイルさん。お勧めです☆☆☆

Re:style (リスタイル) http://restyle.moo.jp/

おかげさまで、とっても助かってます。まだお若い格闘家の院長先生(超!立派な腕にびっくり)と、海の似合うナイスガイな主任(私と鍼灸学校時代の同級生なのだ)のお二人はイケメンさん。女性スタッフは若くて可愛くて優しいです。

いつもホントにありがとう (^_-)-☆

もちろん私もニンゲンなので、あまりにも忙しいと疲れるのです。だからといって、あまりにも自分のエネルギーが低下した状態で他人様に触れてお金を頂くのは忍びない。だから、ベンキョーも兼ねて、結構あっちこっち行きます。「へぇー!」と勉強になったり、施術者の愚痴やら人生相談を聞く羽目になって、どっちが患者なんだかわけわからん状態に陥ったり・・・(何度もありますなぁ。特に無資格系の各種マッサージの若い女性施術者のとき)なんやかんやとおもしろいです。

病院はよほどのことがないと行きません。でも、私は鍼灸院とか、各種療法の「治療」は楽しく受けたいし、「行って良かった♪」「ここに来ると元気が出ます!」というところだったら、定期的に行って、元気になれるようなサポートをしてほしい。そういう試みを続けていれば、疲れを溜め込みすぎて、大病になったりしないで済む。

でもね、決して安くはないお金を払って、貴重な時間を使って行くのだから、それだけの何かを得て帰りたいと思ってます。だから、自分も、自分のところに来てくださる方々に、そういう「何か」を提供できてるかどうか・・・いつも厳しくチェックしなければいけないなぁ、と思ってます。

だからよけいに、「ハリにはずっと通わなきゃならない」なんて、そんなネガティブな気持ちでおいでになられてたら、大変辛い。そう思うのですよ。

鍼灸・手技セラピーたまゆら|方南町

東京都杉並区方南町(2004年5月開業)ベッド1台の小さな治療院です。 慢性疾患の体調管理、耳鳴り、難聴、めまいなどの疾患を最も多く扱っています。ストレス性疾患、不定愁訴の臨床実績も豊富。 からだと心の両面から、みなさまの健康をサポートします。