2008-05-15 2年ぶりに

発熱しました。38.5℃くらい。それもしっかり定休日に。。。

2日間もーろーとしながら、ほとんどベッドの中で過ごした。

「お休みの日に病気になるなんて、やっぱりプロ根性ね♪」

と、なぐさめホメてくださった方も居たけれど、むむむ。。。そういうものだろうか。

おかげさまで、もうすっかり熱も下がって、復調中です。

この4年間で、予約に穴を空けたことは、2回。

2年まえ、修論出し終わって気が抜けたら、インフルエンザに罹った。

朦朧ふらふらの頭と、がらがらの声で、予約の方々にお詫びの電話をかけた。

「ごめんなさい。自己管理不足で、インフルエンザになりました。

みなさんにうつすわけにいかないので、予約のご変更をお願いします」

それでもう、それっきりになった人も居た。

あらあら、と心配してくれて、その後も変わらぬお付き合いをしてくださってる方も居る。

申し訳なかったり、ありがたかったり。ビョーキのからだにしみじみしみた。

この感覚は、勤めているだけのときには、ぜんぜん実感がなかった。

ぜんぶじぶんのせきにん。そういうことなんだろうと思った。

去年、祖母が亡くなった。このときもお詫びの電話をかけた。

「ごめんなさい。祖母が危篤で、もうすぐ亡くなりそうです。私は元気ですが、

いつもどおりのエネルギーではできそうにありません。予約のご変更を

お願いします」

こんなときに、まさかダメという人はいなかった。だけど、やっぱりこれも私の都合だ。

ごめんなさい。

たまゆらは、個人商店みたいなものだけれど、「店舗」ではない。

私が寝込めば、ここは空っぽ。私が入院したら、ここはお休み。

自己管理はそれなりにしているけれど、やっぱりときどきダウンする。

みなさんには、ご迷惑かけます。ゴメンナサイ。

そういうスタイル。

もっと広いところで、ベッドを増やして、人も雇って、要するに極端な話、私が居なくても

回るようなシステムを作った方が良い、と、親切に忠告してくれるような人も居る。

自分の手を動かさないで、お金を生み出すシクミを作るのが、賢い「金持ち父さん」の

やり方なのかもしれない。でも、ぜんぜん私には向いてないな。

なにはともあれ、はやく治します。(2008年5月15日)

鍼灸・手技セラピーたまゆら|方南町

東京都杉並区方南町(2004年5月開業)ベッド1台の小さな治療院です。 慢性疾患の体調管理、耳鳴り、難聴、めまいなどの疾患を最も多く扱っています。ストレス性疾患、不定愁訴の臨床実績も豊富。 からだと心の両面から、みなさまの健康をサポートします。