2008-04-26(続)浜崎あゆみさんの難聴

毎週おいでになられる方から、先日こんなお話を聞いた。

この方は、突発性難聴発症後2年ほど、完全な聴力回復には至らず、

常時耳鳴り、ときどきめまい、そんな状態を抱えている方だ。

「浜崎あゆみの難聴、治ったらしいんだけど、ご存知ですか?

ホントかしら? ホントだったら、どうやって治ったか知りたいわ」

えっ??? アタマの中を???が炸裂。

基本的には「治ってよかったね」というところなんだろうけれど、

なにせ難聴の話、簡単にそうは思えなかったりするのだ。

一般的に突発性難聴は、

発症すると「完治者は3分の1、完全には治らない人が3分の1、治らない人が3分の1」

と言われている。つまり、治らなくて悩んでる人は、かなりの数いらっしゃるということだ。

もし、発症後何年も経つ(といわれている)浜崎嬢の難聴が治ったというのなら、

いったいどうやって治ったか知りたい!それは当然の気持ちだよね。

それに私は「奇跡的回復」を真っ向から否定するものではないので、もし「奇跡」というなら

どんな「奇跡」なのか、知りたい!という興味もあるかな。

私は日常的に突発性難聴罹患者にお目にかかっている。

難聴は外からの見た目ではわからないので、周囲の無理解から辛い目にあうこともある。

さらには、聞こえないだけではなく、不快な音割れや響き、耳鳴りなどは必発するし、

めまいに苦しめられる人もいる。

そんな方々のしんどさ、本音は重々存じ上げているつもりだ。

有名人の事例や発言は、広く影響力をもつ。

実際のところ、浜崎嬢がどんな状態であった(ある)のかは、知る由もないけれど、

なにせ病気の話、あまりにもあいまいな情報を出すのはよろしくない!と思うな。

同じ病気の当事者にとって与える影響は、部外者が想像する以上のインパクトだから。(2008年4月26日)

鍼灸・手技セラピーたまゆら|方南町

東京都杉並区方南町(2004年5月開業)ベッド1台の小さな治療院です。 慢性疾患の体調管理、耳鳴り、難聴、めまいなどの疾患を最も多く扱っています。ストレス性疾患、不定愁訴の臨床実績も豊富。 からだと心の両面から、みなさまの健康をサポートします。