2006-12-22 「こころ」と「からだ」のつながり(その2)

「たまゆらさんは、週休3日でいいねぇ~!」と、今年は何度言われたことかわかりませんが、それは誤解。。。今年私は、週4日は鍼灸師、週2日は心理相談員として、来る日も来る日も超!フル稼働していました。(いちばん多い頃には、通算すると1週間で60~90分枠×40人近く会ってる計算で、最初から最後まで全部ひとりでやってる私にとって、それはいくらなんでも多すぎた・・・)

そんなわけで、日々みなさまに「忙しすぎると、いろんなバランスが崩れて、身体の自然なセンサーが壊れて、そのうち病気になっちゃうよー!」なーんて、お伝えし続けていた自分も、ついに同じ穴のムジナ・・・ってことになりました。

来年(2007年)1月より、しばらくお休みいただくのはそのせいです。

口の中と顎の下が腫れてきて鈍痛が続き、「うぅぅ。。。これっていったい何?」一時期は密かに心配が募るばかりでした。(少なくとも私は鍼灸師であっても、口腔系の知識はほとんどない) ようやく検査を受けたところ、顎下腺(唾液を作る器官のひとつ)と、唾液を運ぶ管の中に、「唾石」という石が、ご丁寧に3つもあるそうで。命に関わる病気じゃなくてひと安心でしたが、口の中ってなかなかデリケートな場所のようで、ものすごーく、だったり、そこはかとなく、だったり、とにかく常に口と喉の不快感が続いています。といっても、日常生活も仕事も普通にできるんで、そう心配することはなさそうですが。

先日病院で見せてもらったCTでは、石は5-6mmサイズが3つ、もうちょっと小さいのが1つ、の計4つでした。でもって、そういえば、11月頃、小さいのがひとつ自然に出てきたので・・・全部で5つですね。最近は、食事の後に、のどがまるで鳴いてるカエル???のごとく、ぷっくりと膨らみ、口の中にも小豆サイズの膨らみが出てきて・・・結構オカルトチックなんだか、笑えるんだか・・・という状況でありました。

ネットで検索すると、同病トモダチはけっこうたくさんいらっしゃいました。体験談をあれこれ読むのは参考になりました。(私も一段落したら「唾石・顎下腺摘出手術レポート」でもUPしようかな) 何はともあれ、ときどきこうやって「患者状態」を体験するのも、こういう職業やってる以上、今後の臨床に役立つ!と思ってます。 

「HPをいつ見ても予約が締め切られてるから、具合悪いのかと思った!」などなど、お声かけくださった方々、ありがとうございます&ご心配おかけしてゴメンナサイ。ただちょっと、あまりにも忙しくなりすぎた・・・という状況なのです。とりあえず、この石をすっきりさせて充電したら、また元通り、いやいや、ますますパワーアップして再開する所存にて。取り急ぎお知らせでした。

それでは、みなさまどうぞよいお年をお迎え下さいませ。

また、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(2006年12月22日)

鍼灸・手技セラピーたまゆら|方南町

東京都杉並区方南町(2004年5月開業)ベッド1台の小さな治療院です。 慢性疾患の体調管理、耳鳴り、難聴、めまいなどの疾患を最も多く扱っています。ストレス性疾患、不定愁訴の臨床実績も豊富。 からだと心の両面から、みなさまの健康をサポートします。